忍者ブログ
突然我家にやってきたツインズ!ああ・・あの日から私の人生はドタバタになってしまった。
[1]  [2
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウイちゃんの風邪発症から1週間。
あれからマイちゃんにも風邪が移り、幸い熱はでなかったものの
二人の風邪は、咳に移行してどうもスッキリしません。

なにしろ温度差の激しいここのところのお天気。
そして二人の寝相の悪さときたら!

何度布団を掛け直しても、すぐ剥いでしまう始末。
私も気になって、毎晩寝た気がしません。

926e6356.jpg




















そんななかで向かえた昨日の「3歳半検診」。
40人近い親子連れが会場に待機していましたが、
一番落ち着きが無いのが「我家のツインズ」。
動き回るわ、お喋りするわ・・・。
この段階でもう私は疲れた。

最初の問診タイムでは、
保健士さんから名前を呼ばれても、二人とも無視!
用意してあった幼児向け絵本を見ながら勝手なおしゃべり。

歯の検診では、咬みあわせの悪さを指摘され
「二人とも指しゃぶりがありますね~。早いうちにやめないと
将来永久歯が出てきたときに、歯並び悪くなりますよ~。」
と、歯医者さんのご助言。

保健士のおばさんから、「指しゃぶりやめようね。」と優しくさとされると
「いやだぁ~!やだぁ~!! ここ来たくない~!やだ~~!!」
二人揃って何事?と思うような大合唱!
(さっきから騒いでいるのあんたらだけなんだよねぇ!)

次にも難関が待っていて、身長・体重のチェック。
さぁ!服を脱ぐのにまたまた二人が大騒ぎ!
まぁ・・・どうしてよくもこう騒ぐのだろう!!
ただでさえ暑いのに、体中から頭から汗が噴出す!

そして次がそのまま内科検診。
診察台に寝かせるのにも一苦労。
もう徹底抗戦の足技をくりだす。

いやはや大したお嬢様方だ。
夫の補助でどれだけ助かっただろう。
約1時間半のコースが終了した時には
みんな汗だくだった!

帰りの車の中ではすぐウトウト始まったふたり。
いいよな、あんたら。勝手に騒いで勝手に寝るんだから!
集団検診、もうコリゴリだわ。
PR

昨日は、ホントに不調の一日でした。
低気圧がやってきたせいなのか、
血圧が低い日が続いたせいなのか、
夕方から起きているのも辛くなりました。P3290005.JPG





















夕食も完璧な手抜き。

ああ・・それなのに
横になって休んでいる私の側で
キャーキャー・アハハと遊びまくる二人。

買物先でもらった風船が嬉しくて
飛んだり跳ねたり。
もうバレーボールの選手だね!
ホレ パスだ!
ホレ トスだ!
よくもまあえんえんと遊ぶもの。
疲れと言うものをしらんのかね、君たちは!

もう怒る気力さえ無かったグランマでした。

(写真は、お嬢様方が綺麗に並べてくれた靴。
ハイ 気が向くとやってくれます。)

この2~3日、保育園の制服や備品の受け取りやら準備に
追われておりました。

361426de.jpg



















制服も、通園鞄も、お道具箱その他も、皆手元に届き

e05fe3ff.jpg



















私にとっては、最も難関であった袋の類もようやく準備OK!
アンパンマンのお昼寝バッグは作ってもらいました。
小さなコップ入れやお弁当袋は、チクチク手縫いで済ませました。
お昼寝用の枕も手作りです。

しかし・・・・保育園てなんでこんなに備品が多いんだ!
一度やればもうこりごり・たくさん!

ああ・・それから面倒な書類作り。
母子手帳も引っ張り出して、
記入ミスを消したり直したりして
どうにかこうにか仕上げました。
(縫い物も書類も、老眼にはみんなきつい作業ばかり)

さぁて これからがまた問題!
山のような備品の数々に、
ぜ~~~んぶ名前書きが待っているのだ!

ところで、当の本人のお嬢様二人、
4月から始まる自分達の新たな運命を理解しているのだろうか?

ああ・・私は恐ろしくて考えないことにしている。
忙しい日常に埋没して考えないことにしている。

着替えに、ボタンに、和式トイレに初めて出会う知らない子供たち。
自分の持ち物の区別だってできるのかしらん?
別れるときに「グランマァ~ッ!」って泣くのかしら?
毎朝ぐずられたらどうしよう・・・?
3歳児保育ってこんなに心細いものなの?

こんな心配、自分の子供の時にはしたこと無かった私。

夕方のこと
トープの控えめに吠える声が2階から聞こえる。
それは、決して威嚇するものではなくて、
むしろ遠慮がちな
「お願いだからやめて・・・」とでもいうような抗議の声。

聞こえるのは二人の賑やかに飛び回る足音と声。
きっとトープの周りで騒いでいるのだろう。

topu0215.jpg
ツインズが来てからというもの、トープにとっては
ひたすら忍耐とストレスの日々。
何しろ静かな生活が一変してしまったのだから。

それでも、ツインズを群れの1員として迎え入れ
子守でもするようなトープの仕草を見ることもしばしば。

それなのに

私の叫び声に怖れをなして逃げ惑う日々が続く。
優しかった飼い主が恐ろしい飼い主に変貌してしまったストレスは、相当なものに
ちがいない。

ボール遊びも減った。
友達に会える回数も減った。

双子は所構わず騒ぎまくる。
それでも忍耐の優しい性格。

飼い主は大声とは裏腹に君の事を大切に思っている。
でも、君は騒々しい飼い主は嫌いなんだ。

君が家の中の静かな場所を探して休む時間が増えてからだいぶたつ。
私も静かな時が恋しくなることがある。
「グランマァ~・グランマァ~」と一日何回呼ばれるのだろう。

さっきまでグズグズ泣いていたウイが寝て、マイも寝てようやく静かになった家の中。
明日はどうなることやら。


月が満ちて満月が近づくと、ツインズはいつもより強くママを思い出すようだ。
それはきっと
ママと最期のお別れをした日の夜が、やはり満月だったことと関係しているのかもしれない。

moon.jpg






















昨日の月もだいぶ大きく満ちてきて、夕刻の空に月をみつけた二人は
「おちゅきちゃま」
「おちゅきちゃま」と、
しばし月に呼びかけていた。

その呼びかけが、やがて
「ママァ~!」に変わり、
「ママはおちゅきちゃまに行っちゃったのかなぁ?
ウイちゃんとマイちゃんのことみているのかなぁ?」
と問われると、やはり弱い。

そして夜
寝静まった夜の闇の中で
ひと際叫ぶように
「ママァ!」と呼んだのは、ウイだったのかマイだったのか?
その声に胸をつかれたように目覚めて
それから眠れなくなってしまった。

夜の空に月は冴え冴えと輝き渡っていたのだろうか?
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[09/01 むらた]
[05/11 hibari]
[05/10 カオル]
[05/10 hibari]
[05/10 share-gaki]
[05/06 hibari]
[05/06 カオル]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
グランマ(hibari)
HP:
性別:
非公開
職業:
昔も今もありません
趣味:
写真・水泳(チャプチャプ)
自己紹介:
突然 幼いツインズの孫(女)と暮らす羽目になりました。
ああ・・もうそれからはてんやわんや。
理性など吹っ飛んでしまう日々です。
ブログ内検索
最古記事
カウンター
Copyright © グランマの晴れたり降ったり怒ったり All Rights Reserved.
Designed by 10p
Powered by Ninja Blog

忍者ブログ [PR]